医療法人 敬愛会 リハビリテーション天草病院

特殊外来

嚥下外来について

当院では2014年9月4日より、嚥下外来を開設致しました。嚥下外来では、脳卒中後、食事の飲み込みが悪くなってしまった患者さんを対象とします。

嚥下内視鏡検査(VE)や嚥下造影検査(VF)を実施し、安全に摂取が可能な食事の形態や姿勢の設定を行います。状況に応じ、障害者手帳・年金制度の手続をサポートします。

例えば次のような時にご予約ください。

  • 食事の際、むせが多くなってきたので心配だ。
  • 食事の形態のアップが可能であるのか確認してみたい。

毎週木曜日 午後2時からの予約制外来になります。
適切な診療のため、可能な限りかかりつけ医のご紹介状や画像情報等をご持参いただきますようお願い致します。

嚥下内視鏡検査

内視鏡を鼻からのどまで入れて、食事中の喉の様子をリアルタイムの映像で確認する検査です。食べ物のとおり具合や分泌物(唾液や痰)の処理能力などを評価します。

嚥下造影検査

レントゲン透視下で造影剤を飲み込んだ食品を食べて頂き、飲み込みの状態を確認する検査です。安全に経口摂取が可能な食事の形態や姿勢を評価します。